管理との一元化の検討

男性女性

窓口を一つにする選び方

賃貸経営による資産形成を行っているときには賃貸管理を業務委託することがよくあります。それと合わせて賃貸保証会社と契約して、家賃の滞納があった場合の保証を受けたり、連帯保証人を立てられない入居希望者を受け入れられるようにしたりする方法を選ぶことも少なくありません。賃貸保証会社を選ぶときのポイントとして賃貸管理も一つの会社に依頼するという考え方を持つと経営が楽になります。管理会社と賃貸保証会社のそれぞれとやり取りをしていると労力が増えてしまうことに加えて、会計処理を行うのにも苦労を増やすことになりかねません。しかし、これらを一元管理できるようにしてしまえば窓口が一つになって取引や会計業務の手間を省けるようになります。必ずしも両方の業務を行っている会社ばかりではないので、まずは一元化できるかどうかを基準にして絞り込んでみるのは賢い考え方です。既に賃貸管理会社あるいは賃貸保証会社と取引をしているという場合には、オプションなどで追加で業務を行ってもらえないかと交渉してみると良いでしょう。それに加えて、同じ会社が管理と賃貸保証を行ってくれることにより管理の質が向上するという期待もできます。賃貸保証会社にとって家賃の立て替えはリスクを負うことになるため、管理を充実させて家賃を快く納めてもらえるようにしようと心がけてくれる可能性が高いのです。二社に依頼するよりも価格面でも安くなる場合が多いのもメリットになります。