手間の要らない賃貸経営

マネー

管理も運営もプロに委託

近年、賃貸住宅の手軽な経営法として人気を呼んでいるのが、サブリースです。サブリースのサブとは「副」とか「準」とかいった意味がありますが、ここでいうサブリースは、具体的には転貸・又貸しを指します。つまりサブリースとは、アパートやマンションのオーナーが物件を入居者に直接貸すのではなく、いったん第三者に賃貸し、そこから入居者に転貸するという運営方式なのです。では、その第三者は誰かというと、専門の不動産管理会社です。管理のプロフェッショナルがテナントの募集から入退去の手続き、家賃の収納、メンテナンスやトラブル対応など、物件の管理運営に係るすべての業務を自らの責任において行います。オーナーは、賃貸経営に係る日常的な業務を自ら行う必要はなくなります。このサブリースには、家賃保証制度が備わっているのが一般的です。これは、物件における実際の稼働率に関係なく、オーナーに対して毎月家賃の一定額に当たる支払いが保証されるというものです。というのも、この運営方式では入居者の確保は管理会社の責任となるため、空き室発生による収入減のリスクもやはり管理会社が負うことになるからです。保証額は管理会社ごとに異なりますが、平均的な相場は家賃のおおむね80〜90%です、この、満額家賃との差額が管理会社の収入となります。入居者募集の広告を出したり清掃・修繕業者を自ら手配する手間を考えれば、この差額は一種の業務委託費と見ることができます。