手間の要らない賃貸経営

マネー

サブリースは、物件をオーナーから管理会社へ賃貸し、さらに入居者へ転貸するという賃貸住宅の経営手法です。専門家による質の高い管理業務を導入できるだけでなく、入居者の確保を管理会社に任せることで収益の安定化を図ることもできます。

一般的な投資として人気

つみき

不動産投資は、マンションを購入し家賃収入を得ることで収益を上げる投資方法です。サラリーマンでも簡単に行う事ができるようになるほど人気になっています。不動産選びやマンション管理会社選びなどが重要なポイントになります。

税コストを意識しよう

住宅模型

税金に違いがあります

中古ワンルームマンションで不動産投資をする代わりに、上場不動産投資信託に投資をする人も増えています。その理由は3つあります。1つは上場不動産投資信託は手間がかからないということです。中古ワンルームマンションでの不動産投資の場合、毎年3月15日までに確定申告をする必要があります。しかし、上場不動産投資信託の場合には、証券会社で特定口座を開き、そこで取引をすれば、確定申告の必要がありません。分配金が支払われた時や売却したタイミングで所得税の源泉徴収が行われ、課税関係が終了します。2つ目の理由は、上場不動産投資信託への投資には少額投資非課税制度が利用できるということです。毎年120万円の投資額までは、そこから得られた収益に対する課税がなく、収益を全額受け取ることができます。課税されない分、運用利回りも高くなります。3つ目の理由は税額の上限が定められているということです。分配金や売却益にかかってくる税率は源泉分離課税を選択している限り、約20%と決まっています。一定の条件のもと、これ以上徴収されることはありません。一方、中古ワンルームマンションで不動産投資をしている場合、毎年の収入が増えれば増えるほど、税率が上がっていきます。ある程度の規模の投資になった場合、税金コストまで考慮すれば上場不動産投資信託の方が手取りが効率的に運用することができるのです。まとまった資金があるのであれば、上場不動産投資信託への投資も検討してみましょう。

管理との一元化の検討

男性女性

賃貸保証会社を選ぶときに賃貸管理の委託を一括して行ってもらえるようにするという方法は賢い考え方です。窓口を一つにして取引や会計業務の労力を減らせるだけでなく、管理業務の品質も向上させられると期待できます。